前へ
次へ

窓に防犯シートを貼るだけで防犯効果が高まる

窓にはクレセント錠と呼ばれる部分があり、これにより機密性を高めることができます。
一応内側からかけておくと外からは窓が開けられなくなるので鍵と考えている人もいるようです。
しかしクレセント錠だけでは防犯性が高いと言えず、ガラスの一部を割ってそこから手を入れてクレセント錠を開くなどの手口が知られています。
この方法による開錠を防ぐ方法としては窓に貼るタイプの防犯シートが有力でしょう。
100円ショップでも売られていますがそれなりに効果があります。
貼ってある状態だと外からいくら割ろうとしても割ることができません。
侵入者はあまり音をたてずに割ろうと考えるので、少しの力で割れなければ諦めます。
窓に防犯シートを貼るときの注意として、家の外からではなく内から貼る必要があります。
透明なのでわかりにくいものの、外に貼っていればそれをはがされて割られてしまいます。
窓のタイプによっては表面に凹凸があるため内側からだ貼りにくい時もあります。
凹凸があっても貼れるタイプを選ぶと良いでしょう。

Page Top