前へ
次へ

侵入犯に好かれない住宅造りを心がける

不法侵入のトラブルは日々起きていて被害もそれなりにあるでしょう。
これまで何もなかったからと安心していても明日入られるかもしれません。
特に近所で起きたのであればその地域が狙われやすくなっているので注意が必要です。
街全体が狙われやすいか狙いにくいかで被害の起き方に違いがあります。
その地域で何もなければ起こる可能性は低いものの、侵入をしようとする人は日々入りやすい家はないかと物色をしているようです。
そして入りやすそうな家をチェックしておいて後で十分な準備をして侵入を試みます。
住宅に住む人間からするといかに侵入をしようとする人に好かれない家造りをするかが大事になります。
玄関の鍵であればワンロックよりもツーロックの方が良いとされ、防犯カメラがあるのとないのとではある方が抑止力につながります。
庭があるときは中を隠し過ぎるのも見えすぎるのも良くありません。
見え過ぎると問題点が見つけられやすくなりますし、隠すと作業場所を提供するので狙われてしまいます。

Page Top